uhlsport ウールシュポルト

vol.5 製品選びのアドバイス

≪前へ|1|次へ≫


製品選びのアドバイス

— 長くuhlsportの製品を愛用しているそうですね?
ジョアン氏:

なぜ私がuhlsportの製品を選んでいるかというと、グラブのグリップがいいからです。ずっと昔から愛用しています。また、日本では見たことないのですが、つなぎ型のトレーニングウェアも好きでした。(※日本では現在発売されていません。)
例えば、シュートブロックに行った時、飛びついた時には、ウェアが引っかかったり、袖が外に出てしまいますから、GKはとても不快になります。その意味で、つなぎ型のトレーニングウェアはとても快適でしたし、スペインで私が関わった子どもたちはみなつなぎ型のトレーニングウェアを着て練習していました。

— グラブの選び方についてのアドバイスはありますか?
ジョアン氏:

グラブを選ぶにあたって最初に来るのは経済的な問題だと思います。例えば、子どもに高額なグラブは買えないでしょう。

しかし、グラブはいいものでなければいけません。いいグラブというのは、通常値が張ります。ただ、当然ながら1,000円のグラブと8,000円のグラブは一緒ではありません。グリップ、装着感などが全然違うのです。確かに、グラブは消耗品で平均寿命は3、4ヶ月ですからGKはとてもお金のかかるポジションです。ただ、私がバルセロナ、ゲルニカにいた時にいつも選手にアドバイスしていたのは、試合用とトレーニング用の2つのグラブを持ち、試合用が潰れた時はトレーニング用にし、試合用のグラブを新調することで2つをローテーションしながら使うことでした。常時2つのグラブを使いまわすことでお金はかかってしまいますが、それがGKとしての安定、安全につながります。

中の上のグラブと中の下のグラブでは全く異なります。私がグラブメーカーの人間であれば、安いグラブは売らないと思います。なぜなら、安いグラブは悪い印象と不安定感を与えるのみだからです。私は安いグラブを一度も買ったことがありません。選手には「ビールやジュースを我慢してでも、いいグラブを買いなさい」と助言します。GKにとって質の高いグラブは必要不可欠だからです。

GKにとって、質の高いグラブは必要不可欠。

— スペインではどういったメーカーのグラブが流行っていますか?
ジョアン氏:

私が現役でプレーしていた時には、グラブメーカーは1、2社しかなかったと思います。他の大手スポーツメーカーがスペインにも進出し始めた頃、試しに他社のグラブを使用したことがありますが、どこのグラブもボールを弾くなどの問題が起こりました。近年はグリップの良くなったメーカーもありますが、日本に来た1年目から私がuhlsportのグラブを選手に薦めるのは、私がサッカー人生の全期間で使用しているのがuhlsportのグラブだからです。そもそもいくらお金を積まれたとしても、長年自分が使い、信用できないメーカーの仕事は引き受けません。

— スペインでのuhlsportの位置付けは?
ジョアン氏:

位置付けまではわかりません。スペインでも色々なメーカーがプロモーションをしていますし、やはりお金をかけて大々的なプロモーションを行う大手メーカーの製品が目立つ傾向にあると思います。ただ、uhlsportの製品は、自分が使ってきているので、自信を持って推奨できるものです。自らの経験を通して、GKにとってuhlsporのグラブはゴールを守るために欠かせない、素晴らしい製品だと実感しています。

2/2ページ:色とシュートストップ率 へ

≪前へ|1|次へ≫
-ジョアン ミレッ氏- スペシャルインタビュー TOPへ